スタッフブログ

ozaco 社長ブログ
小沢恒夫

ozaco の一体化基礎

Pocket

 暑い日が続いてますね

夏!ど真ん中って感じです

この猛暑の中、ozaco の職人達はパワフルに仕事中!

今日は茂原市早野にて建て替え工事中の現場をパトロール

このお宅のご主人は、僕の幼馴染みの2歳先輩。

子供の頃、ソフトボールに燃えてた頃の優しいです。

基礎配筋が終わり型枠も組み上がり、コンクリートを打ち込む前の現場です。

『基礎一体打ち』

基礎一体打ちとは、家の基礎部分の工法です。

初めから立上り部分の型枠を組み、ベース部分と立上り部分へ同時にコンクリートを流し

固めることを基礎一体打ちといいます。

一般的には2回で打つことが多いですが、そうするとコンクリートの打ち継ぎができてしまいます。

打ち継ぎ部分から湿気や水が浸入することがあります。

その基礎の打ち継ぎをなくすことで、

建物の強度が増し、

継ぎ目からの水の染み込みを防ぎ、

白蟻対策にも効果があります。

ozaco 新築工事の基礎は、社員土木職人により「一体化基礎」で施工しています。

新築をお考えのお客様!是非、ozaco の基礎を生で見学しませんか。

見学希望のお客様は、➿0120-015-926

にて「一体化基礎見学希望」と電話してください

#ozaco

#小沢工務店

#一体化基礎

#社員職人

#社員大工

#茂原

この記事を書いた人

 小沢恒夫

  • Instagram
  • Twitter