スタッフブログ

by シバ

暑い時には数字ですね!!

Pocket

住宅購入にかかる消費税の経過措置(平成25年9月30日までに締結した工事請負契約の5%適用)
はわかるんだけど、8%になった時には、住宅ローン減税の期限延長と、拡充も決定しました・・・

さて!5%と8%、住宅取得はどっちが有利になるのでしょうか?

日本版FPジャーナルによりますと、建物2500万円・土地2000万円、購入者は給与所得者
配偶者収入なし、社会保険加入 一般サラリーマンとの仮説で

住宅ローンはフラット35、固定金利1.8%、返済期間35年、一般住宅が対象物件とした場合

①年収400万円世帯 5%時が有利
②年収600万円世帯 住宅ローン金額が2500万円~3500万円までは、5%時が有利
           4000万円以上は8%時が有利
③年収800万円世帯 住宅ローン金額が3000万円までは5%が有利

まとめてみますと、年収が比較的高く住宅ローン金額の多い方に
恩恵がありそうですね


この記事を書いた人

 シバ

  • Instagram
  • Twitter